コンテンツSEOに欠かせない!思わず読み進めてしまう記事は「検索意図の知る4つのテクニック」「記事作成の3つのステップ」「3つの記事構成要素」を意識しよう

この記事からわかること

  • 記事作成のための「検索意図」を知るための検索方法がわかる
  • ユーザーが読み進めたくなる3つの記事構成がわかる

コンテンツ記事をただ作成するだけでは、ユーザーは飽きてしまい離脱してしまう可能性があります。

グーグル、ユーザーに評価される記事を作るためには、やみくもに記事を作成するのではなく、目的や対象を絞って読まれる記事にしなければいけません。

そのために、記事テーマのための検索意図を把握するテクニックや構成方法・記事作成のポイントを学んでいきましょう。

記事作成のために行う4つの検索方法テクニック

まず、ユーザーに読み進めてもらう記事を作成のためには、実際に作成するテーマに関するキーワードで検索を行い、どういった情報をユーザーは求めているのかという「検索意図」を知る必要があります。

記事作成につながる「検索意図」を知るための検索テクニックは4つあります。

  • 時間を決めて(短時間)検索する
  • Googleの検索オプションを利用して調べる
  • 「”キーワード”」を利用して特定のキーワードで検索
  • site:をキーワードに入力して特定のページを表示

それぞれの設定・利用方法を詳しく見ていきましょう。

時間を決めて(短時間)検索する

まず、ユーザーの「検索意図」を調べるためには時間を決めて検索する必要があります。

その理由というのも、時間を決めずに検索意図をダラダラと調査していると、重要でない要素も目に入ってしまい、いつまでたってもメリハリのあるわかりやすい構成・記事作成までたどり着かないからです。

おすすめの検索時間は5分。

始めは「短い」と感じるかもしれませんが、慣れてくると5分で検索意図を探すことが可能となっています。

 

Googleの検索オプション利用で時間短縮

Googleの検索オプションは様々な情報を絞り込むことができるので、時間の短縮にもなります。

例えば、「キーワードを含むか含まないか」「語順の一致」「言語」など細かく設定可能です。

Yahoo!の検索条件設定も便利

検索オプションはGoogleだけでなく、Yahoo!の検索条件設定もとても役立ちます。

条件設定の際に「ページのタイトルを対象」「ページURL」対象など、キーワード検索する場所を指定することが可能です。

この条件設定を行うことで、検索の時間も短時間で済みます。

ダブルクォーテーションで囲った完全一致“の利用で特定の内容を検索

Googleでは、検索したいキーワードをそのまま入力すると、単語に分解して検索されるため、多くのサイトが検索に引っかかります。
そのため、かえって検索意図とずれたサイトが表示されてしまい探るのに時間がかかってしまいます。

しかし、ダブルクォーテーションでキーワードを囲って検索すると、そのキーワードそのものでの検索結果になり、件数を一気に減らすことが可能です。

例えば、「seo 記事の書き方」と検索すると、「SEO」、「記事」、「書き方」を含むページが検索対象となるため、約290万件ヒットしてしまいますが、「”seo 記事の書き方”」とつけて検索すると、「seo 記事の書き方」という連続した文節を含むページが検索対象となるため、約1万6千件まで減らすことが可能です。

これは検索したキーワードが文章として隣同士になっている記事だけを検索している状況なので、必要な記事だけを探す場合に便利な方法となっています。

「site:」を利用して特定ページの検索

「site:」を利用すると特定のページを検索することが可能です。

例えば、「site:https://xn--cckbip0mla2orf.com/ 人材」のように調べたいサイトURLの後半にキーワードを入力することでキーワードに関連した記事を一気に表示させることができるので、時間短縮に繋がります。

思わず読み進めてしまう記事を作成するための3つのステップ

3つのステップは重要です。

  • どんなユーザーに読んでもらいたいかターゲットを設定
  • どういう記事にしたいのか目的・結論を設定
  • 読み進めてもらうための文章構成を設定

それぞれ詳しく見ていきましょう。

どんなユーザーに読んでもらいたいかターゲットを設定

読んでもらいたいユーザーにターゲットを絞らないと、的外れな状況になり最後まで読み進めてもらえないという状況になります。

ターゲットを絞り込むことで、ユーザーの共感を得られることができ、最後まで読み終えてくれる可能性が高くなるでしょう。

また、ターゲットを絞り込むことにより、売りたい商品・サービスなどを確実に売り込むという戦略にもなります。

その記事の狙いは何かメリットは何か

記事をどういったものに仕上げたいのか、目的や結論を設定する必要があります。

ユーザーが知りたいであろう内容を全て盛り込んでもあまりに長くなってしまうので、ユーザーは記事を最後まで読まずに離脱してしまう可能性あります。

記事を書く前に目的や結論を絞ることで、必要な内容・そうでない内容の見極めがつくので、ユーザーにとって利益な記事を書くことが可能です。

 

読み進めてもらうための文章構成を設定

記事の目的や結論が決まった後は読み進めてもらうための文章構成つまり見出し作りを考えていきます。

文章構成をあらかじめ決めていないと、ユーザーに伝えたいことが上手く伝わらずに、結局何を言いたかったのかユーザーは疑問に思ってしまいますし、その記事を有益と思ってくれない可能性もあります。

文章の読み進めやすさによって、記事を最後まで読んでもらえるかが決まりますので、構成は内容の次に重要といえるでしょう。

よい思わず読み進めてしまう記事に含まれる3つの記事構成要素

思わず読み進めてしまう記事というのは、共通の構成要素があります。

そのために必要な構成のポイントは3つあります。

  • 問題提起、ユーザーの悩みについて語りかける
  • ユーザーの悩みに対しての解決方法
  • ユーザーの悩みを解決する手順と具体例の提示

それぞれ詳しく見ていきましょう。

問題提起、ユーザーの悩みについて語りかける

問題提起は文章の始めの部分になり、ユーザーに興味を持ってもらうために必要な文章を入れる必要があります。

ユーザーの悩み・疑問に寄り添いつつ、共感させることがここの問題提起では必要になってきます。

わかりやすく言えば、ユーザーに「はっと」させられるかということです。

ユーザーの悩みへ対しての解決方法

問題提起で共感を得た後は、ユーザーの悩みや疑問を解決しなければいけません。

ここではどうすれば解決できるのかその答えを簡単に示す必要があります。

答えをまとめて示すことによってユーザーを惹きつけ、サイトから離脱しないようにしましょう。

ユーザーの悩みを解決する手順と具体例の提示

 先に問題解決するための答えをまとめて出した後は、解決策について詳しい情報を提示していかなければいなりません。

その際、文章中に解決方法を書くのではなく、見出しに分かりやすく書くことが必須になります。

そうすることで、ユーザーは見出しだけを見て気になり文章も読んでくれるという効果があります。

まとめ

ユーザーが思わず読み進めたくなるような記事は思い付きでは完成しません。

検索意図を汲んで、目的・ターゲット・構成を決め、ユーザーがひきつけられる記事要素を盛り込んで完成します。

慣れないうちは難しく感じるかもしれませんが、しっかりとこの方法を身に着けることで、ユーザーを惹きつける記事を作成できるようになるので、ぜひ挑戦してみましょう。

COLOR